北陸信越ブロックニュース

「戦争になると真っ先に切り捨てられるのは障がい者」-障害者福祉充実のためにも戦争に道を開く国になってほしくない

5月15日に北陸信越ブロック事務所を訪れ、たけだ良介参院比例予定候補と懇談した「ながのきょうされん」のみなさんが、28日、国会要請行動へ。

藤野やすふみ衆議院議員とも懇談。藤野衆議院議員は障害者福祉の法制度の充実についての請願を受けとり、交流しました。

「ながのきょうされん」からニュースを寄せていただいたので紹介します。

「障害者福祉の充実を!」の願いが託された全国108万人の署名を携え、全国から400人を超えるきょうされん関係者(利用者、家族、職員)が、5月28日に霞が関にある衆参の国会議員会館に集結し、この日1日かけて全会派すべての議員事務所を訪問し、紹介議員になっていただく要請行動を行いました。


長野からは16人が参加し、長野県で集めた18,185筆の署名を長野県選出13人の議員事務所を訪問し、そのうち9人の議員事務所に請願署名を手渡すことができました。

藤野衆議院議員ご本人とも懇談でき、参加した仲間たちは自分の思いを直接伝え、わかってもらえたことで大きな手ごたえを感じて帰ってきました。

今後、これらの紹介議員の皆さんによって、この署名が国会に提出され、その採択の審議が会期末に行われる予定です。


今、国会では戦争に関わる法案が審議されていますが、戦争と福祉は相いれないことを踏まえ、障害者福祉充実のためにも戦争に道を開く国にならないよう、この戦争法案についてもしっかりと審議を願うところです。(2015年6月5日、ながのきょうされん事務局ニュース93号)

0 コメント

藤野衆議院議員とたけだ参院比例予定候補が新潟、長野で住民・地方議員と連携し、実態調査

新潟県長岡市の大河津分水路の改修工事の問題で現地調査(たけだ良介・参院比例予定候補の手記)

参議院比例代表選挙予定候補のたけだ良介です。衆議院長野1区で 国会をめざしてきましたが、比例8議席実現のために活動させていただくことになりました。

藤野保史衆議院議員、長岡市議の笠井さん、細井さんとともに5月16日、新潟県長岡市の大河津分水路(おおこうづぶんすいろ)の改修工事の問題で、現地調査を行いました。大河津分水路は、信濃川下流の水害に対応するために1922年につくられた水路です。しかし、分水路の海の出口が狭すぎ、水が排水しきれず上流で水害が発生しているため、国土交通省が1200億円をかけて川幅の拡幅工事を行います。

 水害は、2011年、2013年にも長岡市中心部である駅前も水につかるなどの実態であり、工事そのものは、誰もが必要性を認めています。問題は、事業主体である国交省が、地元のみなさんに対する情報開示と住民合意がされていないことです。用地買収、工事の騒音、工事用トラックが観光に与える影響、残土をどうするのかなどです。

 長岡市との懇談では、市も「国からの情報がないために、住民のみなさんへの説明をしたくてもできない。困っている」とのこと。藤野衆議院議員は、「巨大プロジェクトだけに、こちらもよく研究して取り組みたい」と話しています。

長野県佐久市で米軍機低空飛行問題聞き取り調査

16日、藤野衆議院議員とたけだ参院比例予定候補は、新潟県長岡市での現地調査の後、長野県佐久市へ。佐久地域の上空を轟音を鳴らし飛行する米戦闘機問題について、現地聞き取り調査のつどいを、佐久平交流センターで行い、63人が参加しました。唐沢ちあき・参院長野選挙区予定候補も参加し、藤岡義英・長野県議が司会をつとめました。「落ちてくるかと思うくらい低く飛んでいた」「家の中にいたが、窓ガラスが揺れて一瞬地震かとドキッとした」「2機が上空を旋回して会話がかき消された」「遅い時には夜9時過ぎにも飛行して

いる」「1歳の息子が。このジェット機のような音にすごく怖がって大泣きして…」などなど、佐久市の各地域から、御代田町、軽井沢町、佐久穂町、小海町、東御市など東信地域広範からの日時•場所、飛行内容•音の大きさ、人の反応など情報が寄せられました。

長野県委員会と長野県議団は本日19日、県危機管理部、外務省・防衛省に要請行動をおこないます。

佐久市・イオン前で藤野衆議院議員とたけだ参院比例予定候補は、唐沢ちあき・参院長野選挙区予定候補、藤岡義英・長野県議とともに街頭宣伝もおこないました。

「『戦争立法』ストップ!戦争する国づくりやめさせよう!!」と訴えました。

続きを読む 0 コメント

【2016年参院選】北陸信越と東海は、たけだ良介・長野県常任委員(35)が比例候補者として活動します!

0 コメント

藤野保史衆議院議員の予算委員会での初質問(資料つき)

ダウンロード
【セット版】資料1~資料4.pdf
PDFファイル 300.4 KB
0 コメント

11年ぶりの議席奪還に、各県の党旗びらきや懇談をマスコミが注目!

富山では、上田俊彦県委員長、火爪弘子県議らとともに藤野やすふみ衆議院議員がJAや中小企業団体と懇談。躍進した日本共産党と藤野議員への期待の声が次々と。県JA中央会の穴田甚朗会長は「新年のつどい」にメッセージも寄せてくれました。

石川では、藤野議員が佐藤正幸県議、大桑初枝県議、秋元邦弘県委員長とともに北陸中日新聞、北國新聞と懇談。保守的といわれる北國新聞ですが、日本共産党が次の国会で政党助成金の廃止法案を出すことに注目していました。

福井では渡辺孝・高浜町議、猿橋巧・大飯町議らの説明で、高浜原発を視察。その後高浜町の住民と懇談しました。

各県の党旗びらきは長野400人、新潟110人、富山160人、福井150人(石川は17日)と各県、近年最高の集まりに。「参院選、総選挙での躍進を力にいっせい地方選挙の勝利を」という決意がどこでもみなぎっています。

長野県委員会では唐沢千晶さんを参議院議員予定候補として発表しました。

新潟で藤野議員は「新潟水俣病」の患者会関係者の方から支援の要請も受けました。

続きを読む 0 コメント